稲沢市の歯医者「山本歯科医院」は虫歯治療・インプラント・小児歯科・
ホワイトニング・口腔外科などに力を入れております。

診療時間
09:00~12:30
14:30~19:00
※土曜日午前の診療時間は8:30〜13:00になります。

院長ブログ
blog

マスティックデンタルジェルα その23

こんにちは

稲沢市 山本歯科医院 院長山本です。

山本歯科医院で販売している「マスティックデンタルジェルα」に含有されているマスティック以外の天然成分 「三七人参」には、どんな効能があるんでしょうか。

 

民間では古くから使われていて「止血の神薬」(神様の薬です)ともいわれています。漢方薬としては、16世紀末「本草項目」に初めて載った、朝鮮人参に比べると新しい薬です。特徴は、出血した際に血小板の凝集を促進し、速やかに止血することです。

ベトナム戦争のときにベトナム軍の兵士が止血のために傷口に使っていた、有名な「雲南百薬」(成分の80%が三七)の効き目に敵軍であるアメリカ軍も驚いたというエピソードがあるほどです。止血するばかりでなく、打ち身や、潰瘍・ガンなど、また血管の破裂などで内出血してしまった血液を流動性のものに変え、または体に吸着させ、体の中に停滞させません。

三七人参に含まれている三七ケトンというという成分には、心臓の冠状動脈を拡張させ、血流を増やし、心筋の酵素の消費量を減らす働きがあります。このため心臓の負担を減らします。また血液中のコレステロールを減少させる作用もあり、狭心症、心筋梗塞などの「虚血性心疾患」の症状を解消し、その予防と治療に役立ちます。

2019/07/05 | マスティック , 院長ブログ

マスティックデンタルジェルα その22

こんにちは

稲沢市 山本歯科医院 院長山本です。

山本歯科医院で販売している「マスティックデンタルジェルα」に含有されているマスティック以外の天然成分

抗菌剤・グレープフルーツ種子抽出物製剤「D-100」とは?

グレープフルーツの未成熟果実の種子から抽出・精製された天然の製剤で、グラム陽性菌、グラム陰性菌、カビ、皮膚寄生真菌など様々な微生物に対して優れた増殖抑制効果を発揮します。

わずかな使用量で抗菌効果を発揮し、揮発性がないため効果が持続します。

2019/07/04 | マスティック , 院長ブログ

マスティックデンタルジェルα その21

こんにちは

稲沢市 山本歯科医院 院長山本です。

マスティックは、なかなかやっつけられないP ・ジンジバリス、アクチノバシラス等の歯周病菌に作用が強く、他の菌への影響がゆるやかなことが確認されています。そのため、マスティックを使用しても口腔内の細菌のバランスを崩しません。

歯周病は若年性のものもありますが、一般には中高年に多く発痛します。もちろんプラッシングが良く出来ていないことが一番の原因ですが、老化による免疫力が低下したことも見逃せません。

歯周病の治療では、プラークコントロールがポイントになります。正しいブラッシングと、患者さんの免疲力を上げ、口腔内の悪玉菌を減らしていくことが重要なのです。マスティックは、その手助けとして非常にすぐれた素材だと思います。

2019/07/03 | マスティック , 院長ブログ

マスティックデンタルジェルα その20

こんにちは

稲沢市 山本歯科医院 院長山本です。

マスティックの殺菌作用はどの程度の強さなのか?

マスティックガムのグラム陰性菌に対する作用は非常に強いものがあります。歯周病学会の学会誌には、「フラボノイドガム」、「市販の消毒薬」、「塩素系の術後用の消毒薬」、「マスティックガムの比較テストが掲載されていました。

マスティックガムは塩素系の消毒薬に順ずる強さがあったと報告されています。

オリープオイルなどにも抗菌性はあるのですが、グラム陰性菌に対してあまり効果は無く、抗菌作用のあるといわれる健康食品にしても歯周病菌に対してはなかなか良く効くものはありません。

2019/07/02 | マスティック , 院長ブログ

マスティックデンタルジェルα その19

こんにちは

稲沢市 山本歯科医院 院長山本です。

マスティックは当初、歯周病としてではなくて、ピロリ菌の抗菌作用で注目された素材でした。ピロリ菌は、歯周病菌と同じグラム陰性菌です。ですからマスティックは歯周病に対しても効くのではないかと推測されたわけです。

神奈川歯科大学細菌学教室で行われた細菌テストでは、マスティックは歯周病菌に対しても非常に効果があることが確認されました。

2019/07/01 | マスティック , 院長ブログ

マスティックデンタルジェルα その18

こんにちは

稲沢市 山本歯科医院 院長山本です。

神奈川県歯科大学の口腔細菌学教室の協力を得て実験したところ、0 05% ~1 6% という低濃度のマスティックオイルで歯周病原菌の発育阻上が確認されました。アクチノバシラス アクチノミセテムコミタンスに対しては0 2% の濃度で、また、成人性歯周炎で非常に重要なポロフィモナス ジンジバリスは0 05% で抗菌効果があることがわかつたのです。

また、虫歯の原因菌に対する発育阻止濃度でも0 2~0 4% と高い抗菌性が認められました。

一方、善玉菌に対してはあまり作用しないので、マスティックは歯周病の治療に適していることがわかつたのです。

2019/06/30 | マスティック , 院長ブログ

マスティックデンタルジェルα その17

こんにちは

稲沢市 山本歯科医院 院長山本です。

山本歯科医院では歯周病の進行した患者さんには、マスティックの歯磨き剤と、抗生物質のアジスロマイシン(ジスロマック)。もちろん口腔内の治療環境をよくすることを目的としてます。

患者は自宅で1日2~3回マスティックの歯磨き剤で歯を磨き、抗生物質を3日間だけ内服するといった形で治療初期のオーラルケアができるのです。

2019/06/29 | マスティック , 院長ブログ

マスティックデンタルジェルα その16

こんにちは

稲沢市 山本歯科医院 院長山本です。

歯周病治療に含嗽(うがい)薬はある意味で有効です。ですが、市販のうがい薬は歯周病菌などの悪玉菌と一緒に、口の中の善玉菌まで殺菌してしまう場合があり、年配者や体の弱い人に不向きなのです。

それに市販のオーラルケア製品の多くは、効果に関する学術的な裏付け(エビデンス) の部分が弱く、我々医療機関としての立場では使いづらいのです。

2019/06/28 | マスティック , 院長ブログ

1 / 119123...10...最後 »