スポーツ歯科

スポーツ歯科について

スポーツ歯科について

 安全にスポーツに取り組み、安心して楽しむために山本歯科医院では指定された競技には「スポーツマウスガード」の装着を勧めています。
口の中に『マウスガード』を装着することにより色々なスポーツで、歯や歯ぐき、顎の骨などの外傷に対する予防効果が報告されています。
当医院ではひとつひとつ患者さん(スポーツ選手)のお口に合わせて制作いたします。
「治癒」した後は、定期的に検診や歯石除去を行いつつ、日常的な歯ブラシ指導や食事指導を行っていくことをお勧めしています。

1)スポーツ選手の歯の健康管理
2)スポーツ外傷の診断・治療
3)スポーツ外傷予防のためのマウスガードの製作
4)競技会での歯科的な問題への対応
5)チームデンティストとしての参加

マウスガードについて

マウスガードは、弾力性のある軟らかい材料からできており、外形はU字形をしており通常は上顎に装着します。マウスガードに使用されている材料自体が、外部からの衝撃を吸収することでプレー中、ボールや他の選手にぶつかった時、歯の損傷や唇の裂傷などケガを予防する役割をはたします。また、上下の歯が、正しくかみ合わさることで、より強い力でかむことができます。歯を食いしばることは、首の周りの筋肉の緊張を高め、頭や首を強く固定し外力の衝撃を和らげる。このため、タックルなどで起こる脳しんとうや、ヘディングによる首の損傷を予防することができます。

 マウスガードは、主に市販品と歯科医院で製作する二種類があります。
市販品はスポーツ用品店などで入手出来ます。自分で調整するため精密に適合させるのに慣れが必要です。一方、歯科医院で製作するカスタムメイドタイプのマウスガードは、本人の口にあった、適正な噛み合わせを考慮して作ります。

装着が義務化されているスポーツ

ボクシング、キックボクシング、インラインホッケー(20歳以下)、ラグビー(一部)、アメリカンフットボール、空手(一部)など

装備が有効なスポーツ

柔道、アイスホッケー、綱引き、バスケットボール、自転車、水球、スキー、相撲、野球、ウェイトリフティング、サッカーなど

マウスガードを使用することで全ての競技者が、使用しない時と比べ強い力が出せたり、体の揺れが減少したりするわけではありません。あくまでも個人差があるということです。最後に、プロの用具という印象が強いですが、乳歯と永久歯が混じり、歯並びが不安定な学童期にこそケガ予防に取り入れてほしいですね。
(本文は一部 「マウスガード製作マニュアル」(クインテッセンス出版)を参考にしています。

お問い合わせはこちら