稲沢市の歯医者「山本歯科医院」は虫歯治療・インプラント・小児歯科・
ホワイトニング・口腔外科などに力を入れております。

診療時間
09:00~12:30
14:30~19:00
※土曜日午前の診療時間は8:30〜13:00になります。

小児歯科
pediatric

小児歯科について
pediatric

小児歯科治療への想い

もし、大事なお子さんに「むし歯」ができてしまったら?!。大ショックですよね。 むし歯は基本的に予防ができる疾患です。むし歯の原因は「むし歯治療」のページに詳しく記載してあります。 その原因を保護者様が抑えることができれば、お子さんはピカピカの元気な歯を続けていくことができます。 そのためにも我々も一緒に大切なお子さんの成長に関わらせていただけると幸せです。

小さなお子さんの歯の治療(検診)は、まず私と私たちの歯科医院を信頼してもらい、慣れてもらうことから始まります。 怖がらずに楽しんで来てもらえるような環境にできるよう心掛けています。はじめは上手く治療用のイスに座れなかった子も段階を踏めばちゃんとできるようになります。

今日まで院長の生まれ故郷の稲沢市とその近隣市町村の乳幼児、園児、小学生、中学生をたくさんたくさん診察させていただきました。現在も稲沢市のとある中学校の学校歯科医をして生徒さんたちの歯を診させていただいています。

小児のむし歯の場合は可能な限り歯を削らないで、乳歯から永久歯への交換まで経過を見ていきます。
開業して15年以上もたつと、積極的に我々が介入していくべきか、焦らず経過を見ていくべきか。そういった結果もたくさんのお子さんの成長から我々の判断がつきやすくなってきました。小児歯科にも強い山本歯科医院へご相談ください。

小児のむし歯治療

むし歯などがあるお子さんは緊急を要さなければ、本人との信頼関係が築けるまではできるだけ応急(除痛)処置にとどめておくことが基本です。(保護者様たちは慌てて焦られることもありますが、、。)治療をするために回数をかけて段階的にトレーニングをすることもあります。
むし歯治療ができるようになれば、あとは永久歯(おとなの歯)がきちんと生える環境を作れるよう、治療と指導を進めていきます。その中でも、保護者様を含めた歯ブラシ指導や食事指導、歯並びの管理やむし歯予防がとても重要になってきます。

むし歯などがない、または治療が済んでいるお子さんは継続して「予防」のために定期検診に来ていただき歯科医院に慣れていきましょう。 お子さん(乳幼児から学童期、15歳くらいまで)は歯痛などの症状がなくても年3回程度の定期検診、フッ素塗布、歯磨き指導にお子さんを連れて来ていただくのが大切なお子様への愛情だと思っています。 「歯磨きが好きで得意!」な子になります。

特に生えてきたばかりの永久歯にフッ素塗布を継続的にして、むし歯になりにくい強い歯を作っていくことが効果的です。
山本歯科医院の小児歯科に対する考え方や取り組み方、おやつの食べ方まで記載した小冊子(おだいじに)をぜひ読んでいただけたら嬉しいです(ダウンロード可)。

診察の流れ山本歯科医院通信「おだいじに」別冊号5 

フッ素による虫歯予防

歯の表面では、食事のたびに脱灰と再石灰化が行われています。脱灰によって歯から唾液中に溶け出したカルシウムイオンやリン酸イオンは、再石灰化によって再び歯にとりもどされます。この時、フッ素イオンもいっしょに歯にとりこむことができると、歯質はフルオロアパタイトという硬く強い結晶構造を作り、酸によって溶かされにくい歯になります。

生えてきたばかりの歯は、成熟するまでに数年かかります。フッ素は硬化促進の役割をはたし、固い丈夫な歯をつくります。健康な歯を守り育てるためには、毎日のブラッシングの時にフッ素を補給することがとても重要です。毎日忘れずにフッ素入り歯磨き粉をかならず使いましょう。

さらに当院では、定期的なフッ素歯面塗布法を勧めています。歯ブラシや綿球を使って高濃度のフッ素入りのペーストを塗布します(2%フッ化ナトリウム溶液、リン酸酸性フッ化ナトリウム(APF)溶液またはゲルを用います。)。年2~4回(予防効果20~40%)が最適で、お子さんたちには学校の休み(春・夏・冬)などを利用してもらうことも多いですが、混雑もするのでどの時期でも受診していただければしっかりと診させていいただきます。

  フッ素による虫歯予防

当院ではもっと気軽にフッ素を取り入れて欲しいため、フッ素に関しては「無料」でさせていただいております。ご希望の方はどうぞ!

お子様への歯磨き(ブラッシング)指導

むし歯予防や、(こどもの歯周病である)歯肉炎の予防に歯磨きがとても重要ということは今さら説明するまでもなく
皆さまの生活に浸透してきていることと思います。
15歳くらい(中学生)までは歯磨き指導に併せてフッ素塗布もさせていただいております。

0才~小学1年生くらい

お子様本人に歯磨き指導をしてもなかなか伝わりません。
保護者様に歯磨きの仕方やポイントを伝える感じになります。

0才~小学1年生くらい
小学1年生~6年生くらい

歯磨き指導が一番役に立つ時期です。どんどん乳歯が抜けて永久歯が生えてきます。
お口の中の環境が一番変化する時期です。
もちろん保護者様の仕上げ磨きはお子さんが嫌がらない限りは続けてもらうのが好ましいですが、我々からはどの歯が永久歯でどこが磨きにくいかなどをしっかりと保護者様とお子さん本人に染め出し剤と専用歯ブラシで伝えていきます。
1回の歯磨き指導では伝わらないことが多いですし、永久歯の本数もどんどん変化するので何度も何度も
歯磨き指導することが大事だと思っています。

小学1年生~6年生くらい
中学1~3年生

ほぼ自分で歯磨きが上手にできる年代になってきます。
歯垢が残り、むし歯ができてしまう子、歯肉が腫れている子にはまだしっかりと歯磨き指導を継続します。
綺麗にできている子には歯科衛生士による成人と同じような清掃をさせてもらっています。

中学1~3年生

キシリトールによる虫歯予防

キシリトールによる虫歯予防

テレビCMやコンビニなどの店頭で虫歯予防に「キシリトール」という言葉が出回っていますが、
詳しい表現がされていないことが多いですね。キシリトールは、白樺などの樹脂から抽出される
天然素材から作られた甘味料で、砂糖に近い自然な甘さを有した食品添加物です。

キシリトールによる虫歯予防

虫歯は虫歯菌であるミュータンスが糖を発酵させて作る酸によって歯が溶けることが原因の一つとされていますが、 このキシリトールは殆ど酸になることがないだけでなく、虫歯菌の働きを抑える効果もあることが知られています。
むし歯予防に効果のあるキシリトール製品は、甘味料にキシリトールのみを用いたシュガーレス表示があるガムかタブレットだけです。他の甘味料を含んだ製品では、効果が証明されていません。キシリトールの割合が大きければ、それだけ効果がありますが、現状では50%以上含まれていることをお勧めします。1日約3回、100%キシリトールガムの摂取が効果的といわれています。

ただし、キシリトールを使ったむし歯予防は追加型と呼ばれています。現状のむし歯予防法(歯ブラシ、フッ化物、正しい食生活、歯科定期検診など)に取って代わるものではないことを、理解しておいてください。(本文は一部、日本フィンランドむし歯予防研究会のHPを引用しています。)