稲沢市の歯医者「山本歯科医院」は虫歯治療・インプラント・小児歯科・
ホワイトニング・口腔外科などに力を入れております。

診療時間
09:00~12:30
14:30~19:00
※土曜日午前の診療時間は8:30〜13:00になります。

歯周病治療
periodontal disease

歯周病について
periodontal disease

歯周病って何?

歯周病は「歯槽膿漏」とも言われ、虫歯とは異なり「歯ぐき」に炎症が起こる病気です。

歯ぐきに炎症が限局している「歯肉炎」と、歯槽骨(顎の骨)などまでにも炎症が及び、まわりの組織が壊れていく「歯周炎」とに分けられます。 症状にもよりますが、「完治」が非常に困難な疾患 です。

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝・ポケット)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

歯周病って何?

心当たりはありますか?

  1. 歯を磨くとき歯ぐきから出血する
  2. 親しい人から口が臭いと言われたことがある
  3. 朝、起きたとき口がねばついたり、
    妙な味がする
  4. 冷たいもので、歯や歯ぐきがしみて
    痛いことがある
  5. 歯がぐらぐらと動く感じがする
  6. 鏡で見ると前よりも歯が
    長くなったように感じる
  7. 歯ぐきがむずがゆい感じがする
  8. 食べ物が歯と歯の間によくはさまる
    (たくさん当てはまるほど、歯周病になっている可能性が高くなります。)
どんな人が歯周病になるの?
どんな人が歯周病になるの?
誰にでも歯周病になる可能性はあります。初期には特に症状はありません。静かにそーっと進行していきます。気がつくと上記のようなイロイロな症状が出てきます。
原因は?
「歯垢(プラーク)」です。歯や歯ぐきの周りにベタベタとついている白いものです。「歯垢」とは、バイキンの塊です。したがって、歯ぐきの周りについたバイキンにより、歯ぐきに炎症が起こります。「歯垢」を顕微鏡で見ると、動いている細菌やカビたちが見えます。
治療法は?
要は、歯周病のバイキンたちに勝てばいいわけです。そのためには、お口の中の歯垢の除去、すなわち「歯ブラシ」です。歯みがきで歯垢を除去してバイキンの数を減らしてあげればいいのです。さらに、歯ブラシによる歯ぐきへの適度なマッサージをして抵抗力をつけてあげるのです。 山本歯科医院での歯周病の治療は患者様の状態により、歯石除去(予防歯科のページの 「歯石について」を参照) や抗菌薬などの薬剤・歯磨剤の使用、正しい歯ブラシ指導、歯面の清掃もします。
かなり進行した歯周炎は治療法が近代化した現在でも歯を保存することができない場合が多く見られます。
ゆえに、年齢にこだわらず症状が出る前からの定期健診が必須になってくるわけです。
当院では症状にあわせた定期的なメンテナンスを勧めています。

歯周病が進行していく様子

  • ① 歯肉炎
    ① 歯肉炎

    歯垢、歯石が付着し歯ぐきが赤く腫れる。

  • ② 歯肉炎(軽度)
    ② 歯肉炎(軽度)

    歯ぐきの炎症が進行し、歯と歯ぐきの間の溝が深くなる。歯を支える骨が溶け始める。

  • ③ 歯肉炎(中等度)
    ③ 歯肉炎(中等度)

    歯の根が露出する。歯がグラグラ動く。歯を支える骨の吸収が進行する。

  • ④ 歯肉炎(重度)
    ④ 歯肉炎(重度)

    最後には抜け落ちてしまう。

山本歯科医院の歯周病治療の特徴

当医院の歯周病治療には、顕微鏡を用いた内科的歯周病治療を取り入れています。(写真参照)
「内科的歯周病治療」とは、薬によって治す歯周病治療です。従来の歯周病治療は、歯石を取り、
歯磨きをしっかりしていただいていました。時には歯ぐきを切ったりする外科的な治療も行われます。
いくら長時間歯磨きをしても治らないと感じる方は、一度当医院の「内科的歯周病治療」をオススメ致します。
バイ菌を除去し、歯周病を薬で治療します。歯周病についてさらに詳しく記載した冊子も配布しております。

山本歯科医院通信「おだいじに」別冊号4
山本歯科医院の歯周病治療の特徴