稲沢市の歯医者「山本歯科医院」は虫歯治療・インプラント・小児歯科・
ホワイトニング・口腔外科などに力を入れております。

診療時間
09:00~12:30
14:30~19:00
※土曜日午前の診療時間は8:30〜13:00になります。

予防歯科・クリーニング
preventive

予防歯科について
preventive

予防歯科

山本歯科医院の「予防歯科」の考え方をお話しします。
歯科医院は単なる「歯の修理屋さん」ではありません。疾患の原因を除去・治療による健康回復・定期健診による健康維持を包括的に行い、生涯お口の健康を守ることを「予防歯科」としています。 日本は予防に関してはかなり世界から遅れをとっていました。毎日歯ミガキしてもむし歯になってしまう、加齢とともに歯ぐきがやせ抜けていくのは仕方がないと思っている方が多数おられます。 しかし「虫歯や歯周病はかなりの精度で予防できるのです。」

そのために上手に定期的に継続して歯科医院を利用すればいいのです。歯科医師による計画的な治療が終了した後、活躍してくれるのが「歯科衛生士」というお口の健康管理のプロフェッショナルです。

予防に関しては成人は定期的な健診とプロフェッショナルクリーニング、小児はフッ素と歯磨き指導を積極的にとり入れてます。ぜひ気持ちのいい、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアを体験してください。(眠ってしまう方もいるくらいです。)これからは、毎日のホームケアと我々のプロフェッショナルケアを二人三脚で協力して行うことにより、一生涯健やかな歯で豊かな食生活を送ってほしいと願っております(予防歯科の小冊子もご覧ください。ダウンロード可)。

山本歯科医院通信「おだいじに」別冊号4 
予防歯科

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
について

  • Professional
    プロフェッショナル
    (専門家、歯科医師・歯科衛生士による)
  • Mechanical
    メカニカル(専用の器具を使用)
  • Toothトゥース(歯の)
  • Cleaningクリーニング(清掃)

毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを歯科医院で専用機器を用いてきれいに歯面をクリーニングすることです。
微粒子研磨ペーストを使用して、歯の表面や根元の部分を回転ブラシやカップなどでキレイに磨き上げます。

このとき歯ブラシで落とすことができない着色や、歯石ではない汚れの塊をキレイにこすり落とします。
(歯石は先に除去しておくことが望ましいです。)
細菌のかたまりである「バイオフィルム」をもPMTCは取り除きます。

予防歯科 PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

細菌のかたまり自体がフィルム状のバリアーで覆われているので外部から保護されて細菌にとって住み易い環境となります。厄介なのはバリアーで覆われているので抗菌剤や消毒剤などの薬が浸透しにくく効果が薄いことです。 毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。

歯石について
about tartar

定期的に「歯石」を除去しましょう

歯科医院を受診すると、「歯石を取りましょう。」といわれたことはありますね。
また逆に、「歯石を取ってください。」と来院される患者さんも多くなってきました。
では、「歯石」ってなんでしょう?。歯石は歯垢(プラーク)が石灰化(硬く石のようになる)したものです。歯垢の沈着が始まって2~3日で歯垢は石灰化し始めます。石灰化して歯に付着した歯石は歯ブラシでは落とせません。別に歯石が悪者でなければ、除去する必要もないのですが。しかし、そうでない理由は、

予防歯科 PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
  1. 歯石はその表面がザラザラで歯肉を刺激し、出血しやすくなります。
  2. 歯石は浸透性があり、歯垢・歯石内の細菌が産生した毒素などの有害物質を蓄積させます。
  3. 歯石は歯垢によって覆われているため、虫歯や歯周病を悪化させやすくします。歯石は歯垢の絶好の沈着場所です。

歯肉の縁上(歯ぐきより上)の歯石は比較的容易に除去することができます。しかしながら、歯と歯肉の間の溝(ポケット)の内部(縁下)にできた歯石は除去するのも大変です。

歯石の中に存在する細菌は歯面、歯根面に侵入します。ゆえに、歯石を除去するだけでなく、歯面、歯根面を滑沢化(キレイに磨きツルツルにする)する専門の処置が必要になります。歯石の除去でも複数回の治療が必要に場合があるのはこういった事情があるのです。(主に資格を持った歯科衛生士が担当します。)

予防歯科 PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
あとは定期的な検診が必要になります。患者さんの状況にもよりますが、3~6カ月おきの処置が好ましいです。自宅でのプラークコントロール
(きちんとした歯みがき)と歯科医院での歯石除去・歯ブラシ指導などの定期健診を併用することで良好な状態を保つことができるでしょう。