ホワイトニング

ホワイトニング(歯牙漂白)について

ホワイトニング(歯牙漂白)

 ホワイトニングとは歯牙漂白のことです。特別な薬剤・器材を使用して歯を削らずに白くします。今や、芸能人などの特別な方だけでなくごく普通に多くの方がホワイトニングをしています。
タバコやコーヒーなどで歯が黄ばんでいる方にももちろん効果的で、白い歯を取り戻すことができるでしょう。

①ホームホワイトニング(自宅でコツコツゆっくり漂白します。)

 
山本歯科医院では、ホームホワイトニングにNITEホワイト・エクセルという製品を使っています。これはアメリカで最も一般的なホワイトニング材で、着色歯面の改善を短期間で安全にかつ効果的に行うことができます。
このシステムは日本で初めて厚生労働省の認可を受けたシステムで、『白くきれいな歯』への意識の高い審美歯科の先進国アメリカで、歯科医師からだけでなく患者からも圧倒的な支持を得ているのです。

 歯科医師により作製されたそれぞれの患者様のお口に合ったマウストレーにNITEホワイト・エクセルのジェルを用いて使用します。
1日2時間使用することにより、素晴らしい効果を得ることができます。個人差にもよりますが、約2~3週間で輝く白い歯になります。

 NITEホワイト・エクセルの主成分は過酸化尿素です。過酸化尿素は過酸化水素より刺激が少ないため、より安全に使用することが可能です。またこのシステムは「再着色(後戻り)」が少なくより長く効果を持続することができます。

主な副作用は知覚過敏です。感じたら使用を中断してください。通常は、トレーを外した直後から2~3日で症状は治まります。治まってから使用を再開してください。それでも治まらない場合は、他に原因があるかもしれません。クラック(ひび)や咬耗、虫歯などがないか再度確認をします。

②オフィスホワイトニング(歯科医院内でスピーディーに漂白します。)

山本歯科医院ではオフィスホワイトニングに日本人のために開発されたビヨンドシステムを使用しています。
オフィスホワイトニングは、ホームホワイトニング材より高濃度の「過酸化水素」を使用した薬剤にビヨンドライトのような専用のライトを照射することによって、短時間でホワイトニング効果を出す方法です。

 ビヨンドホワイトニングの場合には、30分の照射時間で完了します。このような専用のライトは、より短時間でより高いホワイトニング効果を期待するためには必ず必要なツールであると考えていただいた方が良いでしょう。

日を変えて2回の照射でより一層高い効果が長続きします。

歯のエナメル質に何らかの損傷(虫歯、ひび、咬耗など)がある場合、ホームホワイトニング材はその歯がしみたり痛んだりします。ホワイトニング前の処置が必要な場合もあります。オフィスホワイトニングの場合にはホワイトニング前に術者が保護材を使って損傷部位をカバーするので、高濃度の薬剤でホワイトニングは可能です。歯の処置はホワイトニング後でも可能になります。
「早く白くしたい」と望む患者さんにオススメです。

ホワイトニングの手順

ホワイトニングの料金について

※ビヨンドホワイトニング2回

※ナイトホワイトエクセル2本、マウストレー上下

③では、オフィスとホーム、どちらが効果的?

○費用はいくらですか?
お薬を使う量の個人差にもよりますが、当医院の平均はトータルで2~3万円前後です。健康保険は利きません。

○副作用は?
一般的ですが、治療期間中に知覚過敏(歯がしみる)が起こる場合があります。中断しながら進めていくことで漂白は完了できます。

○どんな人でも可能でしょうか?

ほとんどの人が可能です。しかし、天然歯でない場合(さし歯など)は効果がありません。歯科医師にご相談ください。使用方法は本当に簡単です。

○後戻りは?
残念ながら、起こり得ます。詳しいデータは出ておりませんが、5年前後で戻るといわれています(ホワイトニングを行なう前の状況よりは白い状態です)。再び使っていただくことで解決できます。タバコ、コーヒーなど着色をしやすいものはなるべく避けて下さい。